お米を洗って炊く

こんにちは、こんばんは。

最近はたたみべり愛を語りすぎてしまったので、そろそろお米のお話がしたくなりまして。。

今回は「お米を洗って炊く」お話にしようと思います。

 

皆さんは何でお米を炊きますか?

炊飯器?土鍋?いろいろなお鍋?

我が家は普段はごく普通の炊飯器で炊きます。

もう5、6年以上使っているんじゃないですかね〜。

どちらかといえば古い炊飯器です。

ご家庭によってやり方、考え方は様々だと思いますので、

これが必ず正解!ということではありません。

経験上のお話ですので、よろしくおねがいします。

 

では順番に見ていきましょう。

お米の洗い方と炊き方

お米の分量は普段どおりでイメージして読んでください。

 

1、はじめのお水は冷たいお水・ミネラルウオーターがオススメ

カラカラのお米は一番最初に出会うお水の約7割をぐんぐん吸うと言われていますので、ミネラルウオーターや冷たいお水がオススメです。

ただしせっかくのおいしいお水ですが、ぬか臭さや汚れを含んでしまうので1回目のお水はすぐに捨てましょう。

 

2、お米は優しく洗いましょう。

最近は「お米を研ぐ」という表現が減ったと思いませんか?

現代の精米技術が上がっていることから、昔のように「ゴシゴシ研ぐ」というよりも「優しく洗う」というほうがふさわしくなっているようです。数回お水を取り替えながら優しくお米を洗いましょう。

 

3、薄く濁っているくらいがちょうどよい。

お水が薄く濁っているのは、でんぷんが溶け出したもの。

でんぷんは甘みや粘りの素なので、お水が透明になるまで洗ってしまうと一緒に流れてしまいます。

洗い過ぎには注意しましょう。

 

4、冷たいお水でゆっくり浸水

浸水時間が短かすぎるとお米の中心部まで浸水できず表面はゆるく、中は硬いというようなムラができてしまいます。

逆に浸水時間が長すぎると、割れの原因になるとも言われています。

本などでは↓

夏→30分〜1時間程度

冬→1時間〜2時間程度

と、わりと短めに記載されていました。

 

我が家は

冷たい水&冷蔵庫にいれてゆっくりお米を浸水させています。

冷やすことでムラ無く中心までしっかり浸水できています。

夕飯用は1〜2時間程度浸水

朝食用は5時間程度浸水

しています。

 

 

5、早炊き炊飯

浸水したあとは→ 早炊きモードでご飯を炊くのがおすすめです。

冷蔵庫でしっかり冷やしながら浸水したあとは、早炊きモードで炊飯です。

低温 → 高温

この高低差で短時間で一気に炊き上げ炊きあげることによって、お米がふっくら仕上がります。

 

 

6、カニ穴

ご飯が炊けたら5分程度蒸らしましょう。

炊飯器は蒸らし込みで炊飯完了の音がなると思いますが、それでもすぐには開けません。

蒸気が一気に出ていかないようにするためです。

 

そして、オープン♪

 

今回は白米ではなくて7分づき米です。

分つき米についてはこちらのブログをどうぞ。

分づき米ってステキ。
こんばんは。 皆さんの好きなお米は何ですか? 甘い系?さっぱり系? 玄米?白米? 「別に、、、」 別に、、、ですって!! ちょっとお待ください。 なんとなく毎日食べているお米...

 

 

さぁ〜、ご覧あれ、このカニ穴たちを!

ところどころに穴が空いていますよ。わかりますか?

これは蒸気の抜け道(カニ穴)です。

 

ちょっとアップにしてみました。

 

カニ穴があったらお米がうまく対流できた証拠です。

美味しく炊けた印です。

チェックしてみてくださいね〜。

 

最後に

① 新米・古米の時期やお米の品種によって浸水時間、水の量など調整が必要なこともあります。

② 5合炊き炊飯器に対して2〜3合炊くのがちょうど良いです。

例えば5合炊きで5合炊くと、対流がうまくできずにお米がふっくら仕上がらなかったりします。

炊飯器に対して半分の量を炊く位が良いです。

 

少しでも誰かの参考になったら嬉しく思います。

美味しくご飯を炊いてハッピーになりましょう♪

 

明日はどんなおにぎりを作ろうかな〜。。

ではまた。

 

お米とお米券のオンラインショップ【ごはん 彩々】

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました