おにぎりの日とおむすびの日

こんにちは。
以前SNSで「今日はおむすびの日」と書いてあるのを目にしたことがありました。

私はイベントや記念日などを気にかけるのが、なぜか本当に大の苦手で。。
正直、おにぎりの日もおむすびの日も気にしたことがあまりなかったです。

でも、一度はぐぐってみようと調べてみました。
それぞれに意味があり、勉強になりました。

おにぎりの日

「おにぎりの日」は6月18日。
1987年に弥生時代の遺跡、杉谷チャノバタケ遺跡から「日本最古のおにぎり」の化石が見つかりました。
それ以来、旧鹿西町はおにぎりの里として親しまれてきました。
石川県鹿西(ろくせい)町の「ろく」をとって6月、そして毎月18日の「米食の日」にちなんで6月18日がおにぎりの日となったそうです。

おむすびの日

「おむすびの日」は1月17日。
1995年阪神淡路大震災が起きた日です。避難生活をおくる人たちを励まそうとボランティアの方々が1人ひとりに炊き出しのおむすびを配りました。
これを機に、お米やご飯の大切さを見直そうと設立されたのが「ごはんを食べよう国民運動推進委員会」

この委員会によって、震災を忘れないようにと「おむすびの日」が制定されたそうです。

記録に残しておこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました